翻訳

ブラッドリー『仮象と実在』 68 

(現象は事実であり、何らかの形で実在を性質づけねばならない。) 我々は物自体の教義が不条理であることを見てきた。この種の実在は、確かに、証明できないものではない。反対に、つくりだすことの容易な間違った空虚な抽象であることが十分自明である。我…

ブラッドリー『仮象と実在』 67

(ただ難点を倍加するだけである。) まず物に含まれる多数性について述べてみよう。もしそれが意味をもつならば、この隔絶した世界で我々は多くの問題をもつことになる。多様性とその関係は我々が避けようと努めてきた難問に我々を連れ戻すことになる。もし…

ブラッドリー『仮象と実在』 66

第十二章 物自体 (宇宙を二つの半球に分けることは擁護しがたい。) ここまで、我々は実在に到達できないことがわかった。様々な方法で事物が取り上げたが、仮象以上のものを得ることに失敗した。どんなことを試してみても、調べてみると、矛盾していること…

ブラッドリー『仮象と実在』 65

(最終的ジレンマ。) ここで我々は終了することができる。この教義は単なるあらわれから出発した。もちろん、単なるあらわれを越えることを余儀なくされ、無知で無鉄砲な仕方でそれをなしたのだった。それを退けるには僅かの批判で足り、残されるのは一つの…

ブラッドリー『仮象と実在』 64

(法則とはなにか。) このたったいま言及された産物の本性について疑問を投げかけるべきときだろう。それは束の間のあらわれのなかに見てとることのできる永続的で実在する本質なのだろうか。もしそうなら、再び現象主義は排除したはずのものを盲目的にあが…

ブラッドリー『仮象と実在』 63

(過去、未来、同一性に関する難点。) 過去と未来の出来事について明らかな問題点が生じる。もしそれらと、それらと現在との関わりが実在ではなく、しかもそれらがなんらかの意味で存在しているなら、そこには私が入りこむ気のない難点が生じる。しかし、過…

ブラッドリー『仮象と実在』 62

(その要素は理解不可能である。) 第一に、この教義がその要素と関係について述べていることは理解することのできないものである。現実的な事実があるところでは、そうした区別は明らかで、必然的であるとさえ思える。少なくとも、私はどうしてそれを免れる…

ブラッドリー『仮象と実在』 61

(しかしそれはそれ自体一なる諸事実を含まない。) 最後の問題は、ある非常に明白な批判を示唆している。この観点は、すべての事実を考慮すると主張するか、あるいはそうした主張をしないかのどちらかである。後者の場合、同時にそれでこの主張も終わる。し…

ブラッドリー『仮象と実在』 60

(救済策としての現象主義。) 「なぜ」、と言われるかもしれない、「なぜ我々は統一を探し求めて苦しまなければならないのだろうか。物事はあるがままで十分うまくいくのではないだろうか。我々は、実際には実体とか活動とか、それに類したものを欲している…

ブラッドリー『仮象と実在』 59

第十一章 現象主義 (更なる帰結。) このように、世界の多様な内容を統一に導こうとする我々の試みは失敗に終わった。我々が見いだすことのできた集合体は、事物であれ自己であれ批判に耐えうるものではないことがわかった。そして、あらわれているものはど…

ブラッドリー『仮象と実在』 58

(結論。) この結論をもって、私はこの章を終えようと思う。ここまで我々の議論につき合ってくれた読者であれば、もし望むなら、この問題の細部を辿ることができるだろうし、自己の実在に関する主張を批判することもできよう。しかし、我々が原則として知る…

ブラッドリー『仮象と実在』 57

((e)モナドとしての自己。) (e)結論としてモナドの理論に簡単に触れておこう。各自己というのは独立した実在で、単純なものでなくとも実体だという教義において、実在に関する筋道の立った議論が探求されている。しかし、この試みには長々しい議論を…

ブラッドリー『仮象と実在』 56

((d)活動、力、意志としての自己。) (d)次に私はある厄介な話題、自己の内部で実在をあらわにすると思われている精神力あるいは意志について勇をふるって述べなければならない。困難なのは、主題の性質というよりは、それを扱う方法からきている。もし…

ブラッドリー『仮象と実在』 55

((c)人格の同一性は無価値であり、自己の機能的な統一も同様である。) (c)我々は自己を感情と見てもなんら難問の解決の鍵にはならぬこと、自己意識を取り上げてみてもそれ以上の成功は望めないことがわかった。それは単なる感情を越えでるやいなや古…

ブラッドリー『仮象と実在』 54

((b)より進んだ自己意識も同様である。) (b)かくして、単なる感情には自己の実在を正当化する力はなく、当然世界一般の問題を解決するものでもない。しかし、多分、何らかの自己意識ではよりうまくいくかもしれない。それは自己についての鍵と同時に…

ブラッドリー『仮象と実在』 53

((a)感じとしての自己は幾つかの理由から擁護されない。) この問題は、新たな観点をもたらす特殊な経験を見出す可能性をあらわしているように私には思える。もちろん、自己が新たな問題をもたらし、複雑さが増すことになるのは認められる。議論になって…

ブラッドリー『仮象と実在』 52

第十章 自己の実在 (自己は疑いなく一つの事実であるが、そのあらわれは実在であり得るだろうか。) この章で我々は自己の実在について簡単に調べてみなければならない。当然のことだが、自己はある程度、ある意味において事実である。もちろん、このことは…

ブラッドリー『仮象と実在』 51

(Ⅶ.単なる自己としての自己。) (7)我々が見過ごすことのできないもう一つの自己の意味が存在するが、いまはそれについて僅かに言及するだけで十分である。(1)私が言おうとしているのは、自己が「単なる自己」、「単純な主観」と同一視されるような…

ブラッドリー『仮象と実在』 50

(活動の知覚、その一般的な性格。) 「自己」に与えられたもう一つの意味に注目しよう。しかし、まず七章の主題にさらなる光をあてるよう試みなければならない。自己による自らの活動性の知覚は心理学の片隅にあって、暗闇に取り残されたままだと危険である…

ブラッドリー『仮象と実在』 48

(疑わしい事例。) 読者は私が守っているある点に気づかれたかもしれない。その点とは、非自己と自己の内容を相互交換する上での限界点である。私は一瞬たりともその限界の存在を否定することはない。私の見解では、あらゆる人間には対象とは決してなしえな…

ブラッドリー『仮象と実在』 47

(しかし、自己にだけ属するような内容、非自己にだけ属するような内容があるだろうか。) 発見可能な自己と非自己は具体的な集合(1)で、問題はその中身にある。本質的に非自己や自己であるその内容とはなんであろうか。多分、この探求を始める最上の方法…

ブラッドリー『仮象と実在』 46

(それぞれが具体的な集合である。) 主体と対象が内容をもち、実在する心的な集合であることは私には明らかなように思われる。自我というのがこの、あるいはあの心的要素によって本質的に説明されるようなものでないということがしばしば語られるのは私も知…

ブラッドリー『仮象と実在』 45

(Ⅵ.非自己と対立するものとしての自己。) (6)我々は自己を理解する最も重要な方法に自然に行きついた。現在に至るまで我々は主体と対象との区別を無視してきた。我々は心的な個人から出発し、そこに、あるいはそれに関連した自己を見いだそうと試みて…

ブラッドリー『仮象と実在』 44

(Ⅴ.関心を抱くものとしての自己。) (5)自己とは私が個人的関心として受け取るものなのだと思われるかもしれない。私のものだと感じられる要素が自己と見なされ、それがつまりは存在する自己のすべてなのかもしれない。そして、関心とは、全部ではない…

ブラッドリー『仮象と実在』 43

(Ⅳ.モナドとしての自己。) 我々はここまで、自己がなんら明確な意味をもたないことを見てきた。それは個人の内容のある部分とは言えない。また、日常性に還元されるような、平均的と捉えられるような部分でさえない。自己は本質的な部分や働きであるよう…

ブラッドリー『仮象と実在』 42

(人格の同一性。) 我々は個人の同一性の問題に行きついたわけで、自己というときその意味を知っていると思っている者は誰でもよいのでこの問題を解決してみてほしい。私には解決不可能に思われるが、それは、問いかけられた問題が本質的に答えることのでき…

ブラッドリー『仮象と実在』 41

(Ⅲ.本質的自己。) 3.それでは、以前のように、人間の心をとり、その調度と内容とを調べてみよう。我々はその一部には自己があり、それが一つのものであることを見いださなければならない。我々が知る限りでは、ここで一般的な観念の助けを求めることは…

ブラッドリー『仮象と実在』 40

(Ⅱ.経験の平均的な内容物としての自己。) 2.ある瞬間における人間の内部にある集合体では、自己とはなにかという問題に対する回答として満足のいくものではない。自己は、少なくとも、現在時を越えた何ものかでなければならないし、相矛盾する変化の系…

ブラッドリー『仮象と実在』 39

(他を排除した身体としての自己。) 身体と同一視される自己についてだけ言及することにしよう。我々の身体の知覚には、もちろん、いくつかの心理学的な誤りがある。そしてそれは、なんらかの直接的な提示によって、自己の真のあらわれとは有機体の存在なの…

ブラッドリー『仮象と実在』 38

第九章 自己の意味 (最終的に自己とはなにを意味するのか。) いまに至るまであげてきた我々の事実は、実体のないものであることが証明された。事物はばらばらになり、項を見いだすことのできない関係に砕かれてしまった。そして、恐らく我々にはある疑いが…