ブラッドリー『仮象と実在』 106

      ... [決して、それは絶対と両立不可能なものではない。そこでいかなる多様性も失われるわけではない。]

 

 ついでに、もう一つの点、悪において強く感じられる類を見ない人格性について言及しておこう。より詳しい考察については、「私のもの」と「これ」との問題に取り組むまで待たねばならない(第十九章)。ここでは、もう一つの危険の源について少々述べておく。読者の注意を喚起しておきたい注意事項がある。我々は既に幾度も様々な問題について同じ形の議論を繰り返してきた。すべての相違は、絶対において一緒になると繰り返し主張してきた。どういう具合にかはわからないが、あらゆる相違が融合され、あらゆる関係が消え去る。ここで、ある点では説得力があるように思える反論があり得るだろう。「確かに、あらゆる相違が消え去るのは真実である。まず始めに一つの実在が、次に別の実在が消え、古くからの議論が持ちだされ、古くからの図式が適用される。最終的になんの多様性もなくなり、どの場合でも多様性は絶対のうちに失われる。こうした相違とともに、すべての性格は完全に失われ、絶対だけが空虚な残余として、剥きだしの物自体として存在することになる」と。これは重大な誤解であろう。絶対がどのようにして関係の形式を越えていくか我々が知らないのは確かである。しかし、そのことは、関係の形式が消え去ったとき、その結果がより貧弱なものになることを意味するわけではない。それぞれの問題について、特殊な不調和にどのように調和がもたらされるのか我々が言うことができないのは確かである。だが、それは絶対において多様な内容が実在することを否定することであろうか。個々の細部においてどのような解決がもたらされるのかわからないからといって、すべての細部が消し去られ、絶対が空虚で平坦な単調さであると認めねばならないのだろうか。実際、それは非論理的であろう。個々の事例においてどんな解決が可能か知らないとしても、あらゆる場合に多様な全体が含まれていることは知っているからである。我々はこうした部分的な統一が絶対においてどう一緒になるのかは知らないが、その内容の一つといえども消去されないことは確信している。絶対はあらゆる不調和、それらが含むあらゆる多様性よりも豊かなものである。対象の貧弱さは我々の無知によるものに過ぎない。我々の知識は抽象的であるために、貧弱たらざるを得ない。我々は絶対の豊かさを具体的に特定することはできないが、現象のあらゆる領域において実在にはそれ以上の宝物があると言える。次々にだされる反論や問題は単に積みかさねられるだけでなく、実在の実質的な性格を増すものとして加えられる。かくして、人は自分の所有物が完成する際の正確な形については無知かもしれないが、眼に見える性質は孤立しているとしても、より高次の形式においてそれに応じた富が得られることは合理的に主張できるのである。

一言一話 13

 

 

イメージ、存在の生成

 

イメージはわれわれのなかに根をはる。たしかに外部からうけいれたものだが、自分にもきっとこれを創造することができた、自分がこれを創造するはずだった、という印象をもちはじめる。イメージはわれわれのことばの新しい存在となる。イメージは、そのイメージが表現するものにわれわれをかえ、これによってわれわれを表現するのだ。いいかえれば、それは表現の生成であり、またわれわれの存在の生成である。ここでは、表現が存在を創造する。

 イメージは言葉を同じように、我々を形づくる。言葉が会話や挨拶、ひいては詩や散文によって「私」を生成するように、イメージは想起や回想、あるいは絵画や映画によって「私を生成する。

ブラッドリー『仮象と実在』 105

   ... [不道徳としての悪。]

 

 道徳的悪は更なる難点をもたらす。我々が目的とする内的観念と外面的な存在との単なる欠如や失敗の問題ではない。実際の戦いや対立と関わっている。我々はある観念をもっており、それには実現しようとする目的がある。他方において、その存在もある。この存在は単に一致しないだけでなく、逆らって争い、衝突が感じられる。我々の道徳的経験において、こうした事実は疑問の余地なく与えられている。我々の内部において、よき意志と悪しき意志との争いがあり、悪の確かな存在が感じられる。もし望むなら、この不調和なしには道徳は完全に消滅してしまうから、不調和が必要なのだとつけ加えることもできる。

 

 こうした不調和の必要性が問題の中心への道を指し示す。道徳的悪は道徳的経験においてのみ存在し、その経験はその本質において矛盾に満ちている。というのも、道徳性は、悪を抑圧し、無意識のうちに完全な無道徳性になることを望んでいるからである。この結論に尻込みしていることは確かであり、知らず知らずのうちに、悪の存在と永続性を望んでしまっている。この問題については後に触れることにするが(第二十五章)、ここではただ一点だけを押さえておけば足りる。道徳性そのものが悪になると、悪において、自らの存在の条件を取り除こうとする。それは本質的に超道徳性へ向かうことであり、無道徳性の領域に足を踏み込むこととなる。

 

 しかし、これに従い、率直にこの傾向を受け入れれば、我々の難点は解決される。悪として、善に対立するものとして意志された内容は、より広い布置における一要素として捉えることができるからである。悪は、よく言われるように(意味されているところは違うが)、打ち負かされ、従わされる。悪はより高次の善なる目的に組み込まれ、その一部となり、この意味において、知らぬうちに善となっている。道徳的である意志が善であるかどうか、またどの程度そうであるのかは後に議論すべき問題である。ここで理解しておく必要があるのは、「天の意志」というものがあるとすれば、それは良心的で無垢なものと同様に、「カティリナやボルジア」においても結果として実現することがあり得ることである。というのも、高次の目的な超道徳的であり、我々の道徳的目標は制限され、不完全なものだからである。身体的な悪と同様に、調和がより広い範囲において考えられれば、こうして不調和は消え去るのである。

 

 道徳的悪についていくつかのことをありのままにつけ加えておこう。不完全な目的とその孤立という事実だけではなく、自己において現実に衝突が感じられることもある。このことは、絶対のなかに必然的に組み込まれるということで説明し去ることはできず、不調和は解決されないままに残る。しかし、我々の古くからの原則がこの反論を取り除くのに役立つだろう。衝突や争いはより完全な実現の一要素であり得る。機械で、各部分の抵抗や圧力がそれ自体を越えた目的のために働いているように――より高次の段階においては、衝突は絶対のうちにあるのかもしれない。衝突だけでなく、それに伴い増大していく特殊な感情も、包括的な完成のなかで取り上げることができる。我々はそれがどのように行なわれているか知らないが、うまい例えがあれば(それを見いだすことができれば)説明に役立つこととなろう。説明は諸性質の関係の形式をとる傾向にあり、この形式は(既に見たように)必然的に絶対のなかに超越するものであるからである。こうした存在の完璧なあり方は我々の耳障りな不調和を解消することになろう。そうした調和が可能であることをどうして否定することができるか私にはわからない。もし可能なら、先に述べたと同じように、疑いようのない実在である。一方において、それを主張し続けていくだけの抗しがたい根拠をもっており、逆の方向には、私の見る限り、なにもないからである。

一言一話 12

 

 

詩、魂の働き

 

詩はたましいの働きであることをみとめなければならない。たましいにむすびつけられた意識は、精神の諸現象にむすびつけられた意識よりもはるかに静謐であり、非志向的である。

 私は物語ったり、記述したり、主張したりするものではない、そこに存在することが求められる。

ブラッドリー『仮象と実在』 104

   ... [目的を実現することの失敗としての悪。]

 

 II.無駄、失敗、混乱としての悪を考えてみよう。世界の大部分は偶然の戯れである。自然と我々の生は、一つのことが実現されるときには、百ものことが失敗に終る闘争の場を示している。これは古くからの不満の種であるが、それに対立する疑いに答えが見いだされる。自然には目的といったものが実際に存在するのだろうか。もしないなら、明らかに、いま我々が考えているような意味での悪は存在しない。しかし、この疑問についての議論は、自然がなにを意味するのかなんらかの理解を得るまで先延ばししなければならない。※1現在のところ、自然に目的があるという見解と、それが失敗するいう反論を認めよう。この反論は処理がさほど困難ではないと思われる。失敗した目的というのは、我々自身によって選択された、多かれ少なかれ誤りに満ちた目的である。それらはあまりに部分的であり、もしそれを相対化するようなより広範囲にわたる目的を採れば、失敗であることを止めるだろう。つまり、より広い計画において役立ち、そこで実現される。誤りについて言ったことが悪についても当てはまる。それが従属するようなより高次の真実においては悪は失われ、消え去るのである。自然においても人間の生においても、部分的な目的について、同じ原理が当てはまる。我々の一致させることのできない観念や存在、その不調和を我々は悪と呼ぶ。しかし、その二つの側面を拡大し、それぞれをより広く採れば、両者は共存することになろう。もちろん、すべての有限な目的がそうして実現されると言いたいわけではない。存在と一致したより広い観念において悪が失われ、一要素となるといっているのである。誤りと同じく、我々の一面性、固執、失望がすべてなんらかの形で調和に従い、完成に向かう。観念と存在の諸側面は大きな全体のなかで統一され、そこでは、悪や、目的でさえも消え去ってしまう。この完成を検証すること、細部においてどうやって可能であるかを見ることは同じく不可能である。にもかかわらず、こうした完成は一般的な観念においては理解されるものであるし可能である。絶対は完成したものであるから、こうした調和も存在しなければならない。可能で必然的であるなら、それを実在と考えざるを得ない。

 

*1

*1:※1自然の目的という疑問については、第二十二章、二十六章を参照。

一言一話 11

 

 

実質的感動 ポー

 <<実質的感動>>に対するエドガー・ポーの詩法の忠実さは徹底したものであって、それはどんな短い短篇にも現われている。それゆえ三頁にわたる「影」を読みなおしても、二〇頁にわたる「リジーア」を読みなおしても、読者は同じような普遍的な重さの印象を受けるであろう。

 実質的感動の重さは、多くのものがそれを求めているが、得られていない。なぜなら、「リアルなもの」を重さと混同しているから。

ブラッドリー『仮象と実在』 103

  ... [悪のいくつかの意味。苦痛としての悪。]

 

 悪は、我々みなが知るように、いくつかの意味がある。(I.)苦痛、(II)目的実現の失敗、(III)不道徳、というのが挙げられる。最後の点についての十分な考察は後の章で、有限な人間と絶対との関係として扱うことができるようになるのを待たねばならない。

 

 I.苦痛が現実に存在することは、もちろん、誰も否定できないであろうし、少なくとも私は、それが悪であることを否定しようとは夢にも思わない。しかし、他方において、我々は苦痛が絶対のなかにいかにして存在することができるのか理解することができない。※1苦痛が現実の存在であることは認められるが、問題はその性質が変化させられるかどうかにある。より高次な統合においては、苦痛は消え去るのだろうか。もしそうなら、苦痛は存在するが、全体において考えると苦痛であることを止めるということになろう。

 

*1

 

 我々は、ある程度において、現実の経験で、苦痛の中性化を証明できる。小さな苦痛が、より大きな複合的な快楽に完全に呑み込まれてしまうことがしばしばあるのは確かである。そうした場合、破壊されてしまって、併合されたわけではない苦痛は、ほぼ根拠のないものとなるのは確かである。私の状態が全体として心地いいものではなく部分的に苦痛があると仮定することは、事実に反している。複合的な状態において、苦痛は間違いなく快楽を損なうだろうが、結果として生じているのは、いまだ、快楽のある全体である。こうした均衡は、我々が絶対的な完成において求めているものである。

 

 この点について我々はペシミストとなんらやり合うつもりはない。「均衡の存在という一般的な結論については私は受け入れる」と彼は答えるだろう、「結果において一つの特徴が呑み込まれてしまうことについては同意しよう。しかし、あなた方にとっては不運なことだろうが、その特徴とは苦痛ではなく、快楽なのだ。全体としての宇宙は、苦痛に満ちたもので、それゆえ、完全な悪である」と。ここで私はこうしたペシミスムについて調べてみるつもりはない。それは両者について心理学的な議論を重点的に行なうことになるであろうし、私の見解ではその結果はペシミズムに致命的なものになる。我々の見るところ、この世界に公平な目を向けてみれば、均衡の量を正確に判断することは困難であり、過大視することは容易であるにしても、苦痛よりは快楽がより多く発見されるであろう。このことを離れても、私は自分の結論に保持するだろう、と告白せねばならない。私は、宇宙において快楽が優勢であると信じている。この推測は、私には逃れられないものと見られる原理に基づいており(第十四章)、それによれば、我々の見る世界は実在の非常に小さな部分に過ぎないのであろう。我々の一般原理は大量の個別な現象を押し止めざるを得ない。もし必要とあらば、なんのためらいもなくここでの問題をこうした議論に従わせることができよう。しかし、そうした必要はないのである。観察される事実として明らかに、全体は快楽による均衡が保たれている。主要な部分で原理によって支えられてもおり、ペシミズムはなんのためらいもなく排除することができよう。

 

 この限りにおいて、苦痛が絶対においては存在しなくなる可能性のあることが見いだされる。この可能性は、ある程度は、経験によって検証されることを示した。快楽による均衡という一般的な推測を得た。ここでもまた、誤りのときと同じように、可能性で十分である。というのも、なにかが<可能>であり、またそうで<なければならない>なら、そう<である>ことは確かだからである。

 

 それ以上に進みたいと思われる読者もいることだろう。絶対においては、苦痛は単になくなるだけではなく、快楽を高めるためのある種の刺激として役立つのだと。こうしたことが可能であるのは間違いない。しかし、事実と認めるだけの正当な根拠は認められない。絶対においては、恐らく有限な魂の外部の快楽など存在しないだろう(第二十七章)。我々が見ることのないものが、我々が知っているものよりより幸福だと想定する根拠などない。それゆえ、可能ではあろうが、それ以上のことを主張する正当性はない。我々の原理より先へ進む権利などないからである。明らかな快楽の均衡が存在し、原理が満足されれば、絶対の完成に立ちふさがるものはなにもないことになる。完成が量的に増大することでより完成されると考えるのは誤りである(第二十章)。

*1:※1第十四章。この結論は、第二十七章において幾分修正されるが、明快さを保つため、ここでは条件をつけることなく述べておく。読者は、必要であれば、後で、この章の結論を修正することができるだろう。